消費者金融大手の栄華盛衰~三洋信販

今年は貸金業法が本格施行されて10年になります。1960年代の高度経済成長期に生まれ、「サラ金」と呼ばれながらも驚異的な発展を遂げた消費者金融業界。

規制強化によって経営破たんや合併、メガバンク傘下入りなど、劇的な変遷を遂げてきた業界大手の今昔をご紹介します。

北九州市で創業

三洋信販は、1959年に椎木正和氏が福岡県北九州市で創業した三洋商事が始まりです。

同社はアコム(1960年設立)、プロミス(1962年)、武富士(1966年)、アイフル(1967年)の大手4社と、1997年に外資系となったレイク(1964年)に次ぐ業界6番手でしたが、九州地区では店舗を広げて同業他社を凌ぎ、業界大手の一角として長く位置付けられてきました。

創業者である椎木正和氏は若いころ旧国鉄に勤めた後、警察官に転身。31歳の時に貸金業を始めました。

1971年に三洋プロミス、翌年に三洋信販と社名変更したとの資料があります。消費者金融業にもかかわらず「信販」の名を付けたのか、「プロミス」の名を一時的にせよなぜ付けたのか。真偽のほどは分かりません。

ただ、「椎木氏は過去、プロミスの創業者だった神内良一氏に消費者金融業について教えを受けたことがある」(消費者金融業界関係者)との証言があります。後述しますが、両社は深い繋がりを持つことになります。

九州を地盤にしていた同社は1980年代、東上作戦と称して広島や大阪、東京などに進出して行きました。

しかし、高金利・過剰融資・過剰取り立てに対する最初の「サラ金バッシング」が起きたため、1983年に貸金業規制法が制定されるなど業界に逆風が吹き荒れ、東上作戦は失敗。

オーナーと親しかったプロミスに西日本地区の店舗を譲渡して、本拠地・九州に戻りました。この時の縁がのちの吸収合併につながります。

金融業界初、都銀と消費者金融の合弁会社設立へ

活気を取り戻したのは、業界が急成長した1990年代。95年から「ポケットバンク」と称して消費者金融事業を拡大。大手5社に次ぐ6番目の大手に成長しました。

2000年、メインバンクだったさくら銀行(現・三井住友銀行)と、金融業界初の都銀と消費者金融の合弁会社の設立を発表しました。

「さくらローンパートナー」、のちのモビットです。

椎木会長は、1988年から94年までさくら銀行の頭取を務めた末松謙一氏が福岡支店長時代に懇意になったとの話もあり、主力銀行としてだけでなく、同行と深いつながりがあるように思われます。実はそのころ、さくら銀行は経営不振に陥っていました。

「さくら銀行は巨額の不良債権処理による経営難で実質破たん状態。株価も急落し、額面割れの恐れがあった。そこで株価回復の特効薬として出てきたのがコンビニATMと、この話だった」(事情通)

さくら銀行としては、市場の評価を上げる目的で、新しい商品やサービスなどの新機軸を探していました。

自行の株価を少しでも上げて株式の含み益を出して手元資金を確保する狙いがあったからです。三洋信販は、さくら銀行の株価回復に協力する形で合弁会社設立を決断しました。

クレジットカード業にも進出

関西地区で手広く営業展開していた総合スーパーのマイカルが2001年9月に破たんする直前、同社の子会社でクレジットカード業のマイカルカードを買収し、ポケットカードと商号変更しました。

同時期にはアイフルが信販大手のライフを買収、アコムも業界で初めて国際ブランド・マスターのライセンスを取得してクレジットカードに進出するなど、消費者金融業界でクレジットカード事業の参入が相次いでいました。

しかし、ライフはアイフルの業績不振が直撃して事業は縮小し、アコムのマスターカードは鳴かず飛ばず。

ポケットカードはコンビニ業界2位のファミリーマートとの提携カードなどで業績を伸ばして好調を維持しています。業界の中で唯一、カード事業を軌道に乗せたと言えるでしょう。

篤志家として名を遺したオーナー

2000年代初頭は、他の業界大手同様に好業績に支えられていた三洋信販ですが、椎木会長は一方でこのころから新興宗教に入れあげていた、との指摘があります。

幹部社員で東京本社に勤務していた一人が回想します。

「週末は都内から伊豆方面に出かけて、教祖の説教につき合わされた。新興宗教の先祖の墓だったのか、詳しいことは忘れたが、休日返上で墓掃除に駆り出されたこともある」

また、この時期に長男を社長に据えましたが1年余りで降ろすなど、業界トップに共通のワンマンオーナーぶりが目立った時代でもありました。

しかし、1993年には「株式上場する会社は、労働組合くらいないと駄目だ」と、社員に労組設立を促した逸話も残っています。

「会長は後年、貸金業経営に必ずしも熱心ではなかった。すべてを売り払って一線から退くことを考えていたような気がする」(前述の幹部社員)

椎木会長のなかに、大きな心変わりが芽生えていたのかもしれません。

2006年の貸金業法施行後、大手では末席の三洋信販は業界再編の目玉となり、アイフルとプロミスの双方から経営統合を打診されていました。

2007年、メインバンクが同じだったプロミスの傘下に入り、2010年にプロミスと合併します。

三洋信販の歴史は、オーナーである椎木氏の足跡に重なります。国鉄マンから警察官、そして消費者金融業への進出。

業容拡大路線で挫折した際には、師事していたプロミスの創業者に店舗譲渡。絶頂期には、メインバンクであるさくら銀行と合弁会社を設立し、貸金業法制定後の冬の時代には、やはり旧三井銀行時代から関係が深い三井住友フィナンシャルグループ、そしてプロミスとの縁を大事にして今日に至りました。三洋信販は消滅しましたが、ポケットカードは健在です。

しいきアルゲリッチハウス

椎木氏はその後、九州大学に「椎木講堂」、大分・別府に世界的な女流ピアニストの名を冠した音楽堂「しいきアルゲリッチハウス」を寄贈するなど、篤志家ぶりを大いに発揮して2016年に88歳で逝去しました。

全国的な知名度を得るには今ひとつでした。大手他社と比べて、ギラギラしたものが足りなかったのかもしれません。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする